夢と悩み

家をでたい。

 

最近、予定が夜にあることが多いから家に帰れないことが日常だけど、それでもたまに帰って家族でご飯を食べることがある。

すごくありがたいことだし、幸せな時間なはずなんだけど、家族特に父親がいるときはさっさとご飯を食べてすぐ部屋に行く。できるだけリビングにいないようにしてる。

とゆーのも父親と将来の話したくないから。

その話になると本当に嫌な気持ちになる。

 

「会社に入らないで収入どうすんだ?」

「とりあえず最初は入っておけ」

 

そんなこと、言われなくても痛いほどわかってるわ!

って何度思ったことか。

最近は少し様子を見ながら母親まで言ってくる。

 

アルバイトで収入108万円を越えたら

税金として20万円くらい取られる。

だから108万円分働いても、

130万円分働いても、

結局手元には同じ金額。

108万円以内に収めるか?

いや、そんなの足りない。

年収108万で夢を叶えられるほど

日本は優しくない。

かといって130万円以上働くか?

夢に充てる時間どれだけ減るんだ、、、

だから、会社に入れ。

それが日本社会の無言の圧力。

でも残念ながら、それもわかる。

だって確かに合理的だし、

収入は安定する。

それを親が心配してくれてるのはわかる。ありがたい。

だけど今はほっといて欲しい。

家にいる時間が嫌でモヤモヤ。

 

「じゃあ、親に全部正直に言えば?」

 

そんなのできたらとっくにやってる。

今それを言ったとこで聞く耳すら持ってくれないし

もし聞いてくれたとこで父親の意見は変わらない。

なんたって超結果主義者だから。

夢物語とか理想とかそんなの全く興味ない。

現実にまっすぐ生きてきた人だし頭いいから

会社入らないと今後どんなハンデが待ってるかだって予想できてる。

 

だけど、

だからって夢を否定しないで欲しい。

不安だろうけど応援しなくてもいいから

せめて何も言わないで欲しい。

今、やっと見つけたんだよ、やりたいことがはっきりと。

大学4年生、いや正確には5年生だけど、

こんな遅くてもちゃんと見つけたんだよ。

長い長い自己分析の時間をかけてやっと見つけたんだよ。

オーストラリアで10ヶ月間悩んでもはっきりしなかったけど

日本に戻ってきて好きなこと思いっきりしてみて

アリの屁くらいに小さいけど自分に自信ができて

やっと見つけたんだよ。

どんなスポーツやっても、どんな勉強やっても、

ただの好奇心だけで飽きたら別の新しいことやってみて

何をやっても中途半端で、

何一つとしてやり遂げたことなかった。

ダンスに出会って、これだけはずっと続いてるのに、

そんなダンスの中でも辛いことから逃げて、

楽しく気持ちよく踊ることしかしてこなかった。

breakの大技スキルなんて必要ないだとか

自分には合わないと言って逃げてきた。

だけど、チームを組んだり

外部に出たり、生で上手い人を見たり、

人に出会ったりして変わった。

でも、したい表現があるのに逃げてきたからできない。

そーして今に全てのツケが回ってきた。

ダンスだけじゃなくて、今までの全て。

人との接し方や、英語力、知識、教養、努力、、、

今まで達成する生き方がわかんなかった。

 

色んな縛りや、劣等感、悔しさがあったおかげで

「自由」をとことん求めてきたから

自由に過ごす感覚を知りたかった。

それでオーストラリアに行ったわけだけど、

結局、突然自由になると自分は

大したことは何もできないって思い知らされた。

今までの悔しさの中でも段違いに悔しかった。

一人で何度泣いたかわからない。

何度胸がぎゅーっとなったかわからない。

その頃から掛け布団をまるめてぎゅーっとする癖がついたのかも。

 

もう何もかも嫌になった。

だけど、

自分ていうバケツを空っぽになるまでひっくり返して

こびりついたサビや汚れも全部洗い落として

自分を全て見つめ直したおかげでやっと気づいた。

その中には、自分のいいとこなんて

ほんの1%もないほどだったけど、

それも見逃さずに確認できた。

 

そーやってまたダンスに戻ってから

自分の表現に持っていってまた色々考えた。

でも今度は楽しい悩みになった。

同じ舞台公演というジャンルで

演劇やTAPダンスショーも生で見に行って

色んな衝撃があって、

ダンスの調子がすごくよくなった。

 

そーやってるうちに

TAPのショーを観に行って

ふと感じたことが夢になった。

 

「ジャンルの枠を超えた公演を作りたい!」

 

連盟公演とかのジャンルごとに見せるものではなくて

ジャンル同士が色んなコラボをして

見たこともないようなショーだらけにしたい。

そこでまた人と人が繋がって

それぞれが色んなコラボを生んで、、、

そしたら色んな人がジャンルにとらわれずに

もっともっと自由なダンスができると思う。

ダンスのジャンル文化はもちろん大事。

それがあるから今こうして色んなジャンルに触れることができて

上手い人たちや色んな戦いが白熱して盛り上がることで

共通点が絆になってって、、、

でもその反面、自分みたいに

表現したいこととジャンルの縛りに悩まされる人たちがいる。

だからこそ、

「自由でいいんだ」

って感じて欲しい。

自分の好きなジャンルに没頭してもいい。

ただ、1つのジャンルの中だけにいないで欲しい。

コラボすることできっと色々見えてくるから。

今、名前もわからないジャンルだってあるし

これだけのジャンルがあるからこそ、

色んな化学反応が起こる、絶対。

素粒子同士をぶつけて新しい素粒子が生まれるように、

一緒になることで新しいダンスが生まれる。

ジャンルの名前がなくたっていい。

それはこの前ルイスに出会って感じた。

ジャンル名なんてなくたって

自分の踊りたいように踊って

自分のダンスができることに越したことはない。

それが一番の理想。

色んな曲で踊りたいし踊って欲しい。

色んな表現に触れて欲しい。

ストリートダンスという枠も越えちゃっていい!

TAPダンス、ショーダンス、社交ダンス、サルサダンス、

全部ダンスで繋がってるじゃんか。

文化は別れてても、繋がりは分けなくていい。

JAZZダンスだって本来ストリートダンスではないけど

今ストリートダンスの中に堂々といる。

ダンスで繋がっていればどんな組み合わせだっていんだ。

そんな公演を作るのが、自分の夢。

 

そして

「自由でいんだ」

って思えることが

日本の今の教育にしっかり届けば

日本は絶対に変わる。

日本全部に伝えることはできないかもしれないけど、

自分一人から、周りの人たちにでも伝われば、

それだけで十分生きる価値になる。

その人たちがまた共感して伝えていってくれれば、

自分の孫かひ孫の世代には変わってるかなって。

自分がその世界を見れなくてもいい。

未来が変わるきっかけになれるのなら十分。

 

自分みたいに自由を求める人、

努力を惜しんで今になって苦しんでる人、

就活しなきゃいけないという雰囲気に悩んでる人、

そんな人たちはきっとたくさんいる。

 

みんな本気の夢が見つかれば

誰だってチャンスはあるし

誰だって挑戦はできる。

ただ、夢が見つからないだけ。

やりたいことが見つからないだけ。

 

自由でいいって感じれば

きっと自分に正直になれるはず。

そしたら夢は見つかる。

 

だから今はダンスと教育をしっかり学びたい。

教科書なんてものじゃなくて

自分の経験で学びたい。

この想いだって今は結果がないから伝らない。

形にして伝えたい。

じゃないと自分に納得しないから。

周りを変える前に、

中途半端だらけの自分をまず変えなきゃいけない。

 

頼れる人にしっかり想いを伝えて、

どうしていけばいいか聞こう。

 

収入を1番に考えたらもちろん就職が一番だけど、

今の最優先は自分の夢。

誰が反対しようと叶えたい。

だから助けて欲しい。

熱くて強い気持ちはある。

ただ今までの中途半端のせいで結果がない。

ここから変わりたい。

若いうちにどんどん挑戦したい。

 

 

だからもうお金の話をしないで。

それが現実だけど、それは最優先じゃないから。

「やりたいことを続けてればお金はついてくる」

って誰かの言葉を本気で信じてるから。

 

支えてくれる人もできた。

だから心の準備はいつでもOK。

行動あるのみ。

 

 

どうしていいかわからない悩みと

叶えたい夢のお話でした。

 

 

 

Samurai.